お問合せ
最新情報
ホーム
最新情報
会社情報
製品情報
環境情報
お問合せ

Google

ウェブ全体から検索
サイト内を検索

最新情報
 
2014年10月2日掲載

「固定式車載標識装置」2014年グッドデザイン賞を受賞

 株式会社ITM(社長:今井尊史)が開発・販売している「固定式車載標識装置 [型式:RTS-2000] 」が、このたび公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2014年グッドデザイン賞」を受賞いたしました。
「固定式車載標識装置 [型式:RTS-2000] 」は、 次世代標識装置として標示機能の向上、操作性の改善、走行時消費燃費率改善のみならず外観にも魅力的なデザインを目指し、その進化と未来志向を感じさせる形状を表現した点などが高く評価されました。当社は、今後も社会に貢献できるような製品の開発に努めてまいります。

●製品名称
「固定式車載標識装置 [型式:RTS-2000] 」

●製品概要
道路整備車両の標識装置は事故処理、落下物除去作業を行う。
道路管理者と道路利用者の命を二次災害から守る為に開発されました。
標示面の拡大、多彩表現、広角視認特性、外光の影響を受けにくい光度調節機能で標示性能が向上しています。外観は空気抵抗、雨や雪、粉塵による破損や汚れの手入れの負担に配慮し、視覚的にも先進性の高いスタイリングにまとめています。






 
●グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
道路整備用車両に装着される標識装置である。まずは圧倒的な視認性が確保されなくてはならない。道路利用者のある意味での命綱を担うデザインである。LED照明の、赤と緑の複合発光により、明瞭・明快な視認性を実現している。後続車両の安全性を担保する、その表示性能にまずは評価が集った。機器そのものの形状も、空気抵抗を考慮したデザインとなっている。

グッドデザイン賞ウェブサイト
 
●「グッドデザイン賞」とは
「グッドデザイン賞」は、1957年に通商産業省によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」で、現在は公益財団法人日本デザイン振興会が主催運営する、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。「グッドデザイン賞」は物の美しさだけでなく、デザインを通じて暮らしや産業など生活文化を向上させる「よいデザイン」が評価されるもので、現在は国内外の多くの企業やデザイナーが参加する世界的なデザイン賞です。
     
    ▲ページトップへ

Copyright (c) 2003-2016 ITM Co., Ltd. All Rghts Reserved.